本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

フリーランス妻が扶養でいられる条件とは?収入と所得の違いと社会保険料

フリーランス妻の扶養条件

私は現在夫の扶養に入りながら、フリーランスとして自宅で働いています。

扶養内で働く条件は、旦那さんの会社が入っている保険によって大きくかわってきます。

被保険者証の下の方に記載されている「保険者名称」でチェック。

私の場合は「組合健保」でした。

注意
健康保険組合は国の認定を受けた独自の社会保険。財政状況や考え方もそれぞれで、扶養条件も異なります。必ず、電話等で扶養条件を確認してください。

収入か所得か?大きな分けれ道

私の入っている「組合健保」では、収入130万円というのは、パート・アルバイトなど雇用されている場合。

フリーランス(個人事業主)の場合は、「経費」を引いた所得130万円が壁になるとのこと。

ただ、SNSなどで扶養から外された人の意見をみると130万円の条件はさまざまです。

「開業届けを出した時点で条件から外れた」
「フリーランスなのに、所得ではなく年収でみられた」

どちらも協会けんぽなので、組合健保の場合は当てはまらないかも。

保険先のサイトで「収入条件」を確認して【事業所得=確定申告した所得額】などの記載があれば経費を認められる可能性が高いです。

所得の記載がない場合でも、電話で確認すると「所得でOK」な場合があります。

私の場合もサイトに所得の記載がなかったので、直接電話で聞いてみると・・

「継続して毎月超えない場合はすぐに出なくてもいい」
「現時点からの将来の見込金額でみる」
「個人事業主は所得130万円でみる」

など意外にも?優しく教えていただきました。

MEMO
扶養申請では、確定申告書と直近の収入がわかるものすべてを提出するように求められました。また、扶養申請用紙には年内の見込金額も記入しました。

つまり年収130万円超えていても問題ない?

所得でみてもらえるなら、年収130万円超えていても大丈夫。

たとえ、収入が150万でも経費20万かかれば、引いて130万円となり社会保険上の扶養となります。

私の場合は仕事上、フォントや素材、ソフトウェアだけでも年間10万円以上はするので、経費が認められれば非常に助かります。

扶養から出たときに税金・社会保険料で苦しんだ

私は開業届けを提出した時に、けじめとして自ら扶養から出たときがありました。

ただ、そのとき青色申告に間に合わず白色申告で提出したので、翌年の税金が高く、社会保険料の支払いも大変でした。

注意
青色申告で提出したい場合は、申告したい年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申告書」を税務署に届けます。例えば2018年の申告なら3月15日までが期限。それ以降は2019年から青色申告となります。

開業届を提出して扶養から抜けた月から収入が激減。

10万の月もあれば1万円の月もあり、毎月の社会保険料で消える月もしばしば。

かっこつけて、扶養から出たものの安定せず。。

なので、所得でみてもらえる場合は、安定するまではお世話になろうと思いました。

まとめ

組合健保は、現在赤字の組合が多く協会けんぽに以降しているところもあるようです。

後期高齢者医療制度の捻出、付加給付を出す余裕もなくなると扶養条件も厳しくなるかも?

早く安定して稼げるようにならねば!

ともあれ、しっかり経費計算をして、正しい節税で生活にゆとりをもたせましょう。

いつか高額納税者になりたいものですw(すごい社会貢献)