熱海MOA美術館オー・ミラドーで、アートと美食を味わう!自然農法の食材でカラダも喜ぶ



スポンサーリンク

熱海MOA美術館が今年2月に大幅にリニューアルしました。
すでに、リニューアルから4月の時点で10万人の入館を達成しています。

何と言ってもリニューアルで最も変化があったのは、レストランなどのお食事処が新しくできたこと。
その中のひとつ、以前両親と一緒に伺った『カフェ レストラン オー・ミラドー』の感想をお伝えします!

美術館の中にあるレストラン

オー・ミラドーへ行くには、美術館に入館しなくてはいけません。
オー・ミラドーの公式HPにも注意として【美術館の入場料を支払った方のみ】と記載されています。

鑑賞券は、一般1,600円、高大生1,000円、小中生無料、シニア割1,400円、障害者割800円。
前売券は、1,300〜1,400円。
SNS割引も新しくできたようです!
インスタグラムから公式MOA美術館( @moa_museum_of_art  )をフォローして、画面を提示することで100円割引になるようです。

入り口から長〜いエスカレーターを2段登ると、天井がドーム型の大広間に出ます。
毎回、ここでイベントがあったり展示内容も変わりますが、今回は万華鏡。
ドームの天井に万華鏡の一期一会の映像が映し出され、
静かに流れるヒーリングミュージックがさらに幻想的な空間を引き立てていました。

ゆったり長いエスカレーターと幻想的な空間で心を落ち着かせてから、先へと向かいます。
実はここはまだ入り口。レストランまでの道のりは長いです。

しかし、途中のちょっとしたガラス廊下の窓には苔が植えてあったり、
小さなお土産屋さんがあったり、外廊下からは雄大な熱海の海が見えたりと、飽きることがないです。

館内はけっこう迷いますが、迷いながらも展示室やミュージアムショップの場所も確認でき、食事の後の楽しみが広がります。

オー・ミラドーのビストロランチ

昼食のセットメニューは、メイン1種か2種(磯料理と肉料理)のどちらか。
1種は2,800円、2種は3,800円。
私と母は2,800円の磯料理のセット、父は肉料理に。

こちらは前菜、真ん中のムースは濃厚で美味しかったです♫
まわりのお魚や野菜をつけても合いますね。
ちなみに野菜は、MOA自然農法ファームの食材だそう。
自然農法は有機農法とはちょっと違うらしく、MOA自然農法の公式サイトQ&Aで確認してみました。

有機農法とは違うのですか?

有機農法とは異なります。一般的な有機という場合には、個人の場合には、単に有機肥料を使っているだけで有機という人もあり、基準が定まっていません。また、法律で言う有機(JAS)の場合には、基準は明確ではありますが、一部に使える農薬や化学肥料も含まれ、MOA自然農法と考え方や、基準でかなり異なります。
まったく、別の農法と考えてください。

ちょっと難しいけど、健康的であることに間違いはないですね。

フォーク置きも本物の小枝だから、不揃いでかわいい。
セットで温かいパン2種にオリーブオイルも付いてきます。
ハーブの香りがして美味しかったです。

メインの磯料理、この日はお魚。
見た目にも美しくテンション上がります♪
お魚の下にキャベツなどの野菜がミルフィーユ状になって、パリっと表面が焼かれたお魚とソースを絡めながら一緒に食べます。
これは美味しい。一口食べるごとに脳とお腹が満足します。
思わず白ワインを追加しちゃいました。

父が注文したメインの肉料理。この日はハンバーク。
けっこうボリュームもあり、男性には肉料理がいいかも。
父も「美味い!」と味も量も大満足していました。

母も大満足、追加で自然農法100%の人参ジュースを頼んでいました。
「甘さだけじゃない深みのある美味しさ」だそうです。

セットメニューには、紅茶・コーヒーが付いていますが、デザートは別。
最初は少なく思えたセットメニューも、食べ終わる頃には、お腹は満たされていました。
一応、デザートも一口くらいなら食べられると思い、小さなケーキが3つ並んだデザートをひとつ注文しました。
3人で1個ずつシェア、ちょうどよかったです!

この日も店内はもちろん混んでいましたが、忙しないという感じはなく、丁寧なサービスで寛げました。

日本庭園が見えるテラス席もあり、春から夏に良さそうです。
夜風に当たりながら・・と思いきや、こちらは16:00まで。
美術館が16:30までなので、それまでに退席ということになります。

展示やミュージアムショップを先に見るか、後に見るか…。
館内も広いので、食事の時間と合わせてゆるめのスケジュールがおすすめ。
せっかくわざわざ山の上の美術館に来たのに、競歩のように周るのはもったいない。
ベンチや小さなカフェスペースもあるので、余韻に浸る時間もあった方が楽しめます。

美術館の外にも広がるアート

ちなみに、美術館を出て裏側の坂を登った辺りに、わび・さびのある池があります。
ここもレストラン側の整った美しい日本庭園とはまた違う魅力がありました。
美術館周辺は、急いでいると見逃してしまう美しい景色があってどこを撮ってもサマになります。

MOA美術館は、ゆったりとした時間の中で芸術を体感でき、大人が楽しめる場所ですね。

MOA美術館へのアクセス情報


MOA美術館
静岡県熱海市桃山町26-2
TEL.0557-84-2511(代表)
開館時間/9:30〜16:30(最終入館16:00まで)
休館日/木曜日(祝休日の場合は開館)

タクシーは、1,000円でお釣りがくるくらい。バスは190円。
急な坂道と曲角くねくねの道を8分〜10分くらい。
酔うほどではないですが、到着すると少しふらつきますね。

カフェレストランオー・ミラドー
営業時間/10:00〜16:00(ラストオーダー15:30)
TEL.0557-86-2358
繋がりにくい場合は、箱根オー・ミラドーTEL.0460-84-7229
予約応相談

夏のMOA美術館で涼しく芸術鑑賞!そばの坊で冷酒を一杯♪

2017.08.11