ナチュラルに私らしく心地よい暮らし

肌質は遺伝する!あなたはシミ体質?たるみ体質?

遺伝する肌質

NHKの番組の中で、皮膚科医の友利新先生が「スキンタイプは遺伝なので、両親を見てください」とおっしゃっていました。

両親の肌を見て、たるみ体質なのか、シミ体質なのか?がわかるそうです。

ちなみに、生まれつきの白い肌や黒い肌を決めるのも色素細胞も遺伝なのだそう。

そこで、肌質を見極める遺伝についての情報をいろいろ調べてみました。



遺伝子検査で肌質がわかる?

両親の見た目だけで判断するのはなかなか難しい。

ならばいっそ遺伝子を調べてしまえば、はっきりわかるのでは?

と、家にいながら遺伝子検査ができるキットを探してみるとありました!

遺伝子検査サービス「MYCODE」

こちらは、唾液を採るだけで最大280項目の病気と体質の遺伝的傾向がわかるというもの。

まさに、うってつけ。でも基本は、病気のリスクを知ることで改善につなげることが目的です。

MYCODEの特徴は、

  • 東京大学医科学研究所との共同研究にて選定された科学的根拠を基に解析結果を提供
  • 情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格の認証を取得
  • CPIGI認定を取得(経済相と連携し制定された自主基準を遵守した健全・適正なサービス)

この遺伝的検査でわかることは、病気(3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等)と体質(長生き・肥満・肌質 等)の遺伝的傾向です。

さらにMYCODEで検査すると、会員専用MYCODE fumfum(マイコードふむふむ)に登録でき、遺伝的な肌のキメの細かさ、肌の保湿力、痩せやすさなども知ることができます。

調べられる項目は随時追加されていくそうです。

肌のキメはなんとなく遺伝が関連しているのはわかりますが、紫外線によるシミやそばかすの出来やすさも遺伝子が関連しているとのこと。

ちゃんとわかると日焼け対策にも役立ちますし、自分に合ったスキンケア化粧品を選ぶ目安になりますね!

老け顔と若見え

よく聞く老け顔。

南デンマークの老化医学を専門としているグループによれば、これは染色体の長さ?が違うようで、短いと老けて見え、長いと若く見えるそう。

見た目だけでなく、寿命にも大きく関連しているようです。

また、老け顔の人は、悪玉物質AGEs(しわ、たるみ、シミ、3大合併症などに関係する物質)が多いとか。

やっぱり見た目だけが老けているわけではなく、体内の老化が進んでいるわけですね。

原因がわかれば、あとは改善。

適度な運動とバランスのいい食生活でAGEsを減らしましょう!

\スポンサーリンク/

まとめ

私も妹がいますが、肌質で似ているといえば色白、日焼けして赤くなるタイプ。

細かいところまでは違いますが、両親のどっち似っていうのも影響していると思います。

周りを見ると比較的、長男長女は父親似、次男次女は母親似っていうパターンが多いように思います。

ある意味遺伝子で肌質がわかることは、当たり前なのかもしれませんが、それが簡単に唾液でわかるようになったことが凄いと思います。

検査キットで肌質を知るのも、アンチエイジングへの近道かもしれません。