セイヤーズウィッチヘーゼル【日本限定】スプレーヘッドが使いやすい!



スポンサーリンク

ボトルがおしゃれ!
ヘンリーセイヤーの美肌化粧水、ラベンダーウィッチヘーゼルご紹介します。

セイヤーズについて

160年以上前、創業者のヘンリー・セイヤー医師の姪であるローズ・セイヤー氏が、若々しい肌のために自然素材だけを使ったレシピで化粧水を開発。

その化粧水を使い続けていた彼女は、実年齢より10歳は若く見えた
といいます。

セイヤーズの原料ウィッチヘーゼル(ハマメリス)は、自然派化粧品などに広く利用されている毛穴ケアに力を発揮するハーブ。
肌をひきしめ、水分油分のバランスを整えたトラブル知らずの肌へ導きます。

セイヤーズの歴史を簡単にご紹介

1847年 マサチューセッツ州ケンブリッジで製薬会社として設立。
医療従事者向けに、ヘンリー医師が開発したハーブエキスの生産を開始。
南北戦争時代には、アメリカ最大の製薬会社として知られるように。

1875年800点以上ものハーブベースの製品カタログを出版。
その中で特に注目されたのが、ウィッチ・ヘーゼルの液体エキスでした。

1902年 セイヤー医師の後を継ぎ、姪のジョゼフ・スターデバント婦人が新オーナーに。
ハーブエキス中心の事業から、化合物フォーミュラを特許医薬品として製造。

1947年 セイヤーズの所有権は、ボストン・チェイヌ・ストロー・カンパニーへ。
精力的な販売と広告活動を展開しました。

1989年 ヘルスフード業界を対象に肌の汚れを取って落ち着かせ、滑らかにする効果のあるアロエベラを新たに配合したウィッチ・ヘーゼルの製品ラインが投入。

1999年 チェイス・ストローからカレン・クラーク氏がセイヤーズを買収。

2003年 クラーク氏の息子のジョン・ゲール氏が参画し、セイヤーズ家の家業の伝統が再び引き継がれることに。

今なお高品質の成分にこだわり、効果のある自然な医薬品を製造するというコミットメントで伝統を守り続けいます。

セイヤーズの製品ラインナップ

アルコールフリー化粧水
敏感肌、微乾燥肌の方
ローズペタル ウィッチヘーゼル
キューカンバー ウィッチヘーゼル
オリジナル ウィッチヘーゼル
ラベンダー ウィッチヘーゼル
無香料 ウィッチヘーゼル

収れん化粧水
普通肌、混合肌の方
レモン ウィッチヘーゼル
ピーチ ウィッチヘーゼル
オリジナル ウィッチヘーゼル

MED化粧水
脂性肌、混合肌の方
MEDスーパーヘーゼル

石けん
豊かな泡立ちで、肌を清潔に保ち、潤いを与えるボディバー
シトラス
ローズペタル
ペパーミント

アルコールフリー ラベンダーウィッチヘーゼル

アルコールフリーなので、刺激がなく、まるで水のようにみずみずしい化粧水。
私は、洗顔後の拭き取り化粧水として使っています。
本来は拭き取り用としては、収れん化粧水の方が毛穴が締まるのでおすすめですよ。

私はラベンダーの香りが気に入り、こちらの日本限定のスプレーヘッド付きを購入しました。
やわらかなラベンダーの香りがふわっと優しく香ります。
輸入品では、キャップタイプの蓋が付き、スプレーヘッドは別売りになっています。

スプレーヘッドの方が使いやすいですが、見た目の可愛さはキャップの方が上。
私はせっかくなので、スプレーヘッドの上にキャップを置いています(笑

そうすると、ジンやウォッカのお酒のボトルみたいで、インテリアとしても可愛いんです。
ガラスの瓶ではなく、プラスチックの容器ってところもチープシックで可愛い。
355mlとけっこう内容量もあるので、プラスチックの方が軽くて持ちやすいですね。
そして、お値段が1,800円と意外にお値打ち!
スプレーヘッドなしの輸入品なら、もっとお値打ちだったはず。

バシャバシャ使えて、香りもよく、低刺激。
それに女子っぽくないデザインだから、彼や旦那さんとも使って洗面台に置いてあっても違和感なしです。

原材料、成分

アイブロウコルネの全成分
水、アロエベラ液汁(オーガニック)、グリセリン、香料、ハマメリスエキス(オーガニック)、ラベンダー水、グレープフルーツ種子エキス、クエン酸

日本限定のセイヤーズが購入できるサイト

日本限定スプレーヘッド付きの化粧水が購入できる公式サイトは、ディープフィールドジャパンというオンラインサイトから。

セイヤーズジャパンの公式サイトからも同じオンラインサイトへつながります。

他には、コスメキッチンで店頭での購入も可能です。
直接手にとって、香りと通常の化粧水と収れん化粧水の違いを確かめてみてもいいかも。
収れん化粧水なら、甘いピーチの香りのピーチウィッチヘーゼルもいい香りでおすすめです。

公式サイトで、オンラインショップで、店頭でチェックしてみてくださいね。