本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

【ゴキ対策】回避率100%のアロマオイルで家中をバリア!

ゴキ対策アロマオイル

この時期、虫除けで一番気になるといえば・・ゴキ(G)。

ジメッとした湿気と暑さで、これからどんどん出現してくると思うとゾッとします。

G対策として、一番気をつけるのは、廊下、玄関、窓、ベランダ、エアコンホースといった外部からの侵入。

外をガードするのは一番大切ですが、万が一番を考えて家の中も対策しておきたいところ。

家の中なので、薬剤は使いたくないですよね?

以前ご紹介した「植物由来の防虫スプレームシさんバイバイ」もおすすめですが、今回はアロマオイルを使ったG対策をご紹介します。
ムシさんバイバイゴキ対策!涼しくなって油断してませんか?植物成分生まれの防虫スプレームシさんバイバイ!

回避率100%といわれるベチパー

インドネシア原産のイネ科植物「ベチバー」の根に、Gを寄せ付けない効果があることを九州大農学研究所などが確認したそうで、その回避率はなんと100%!

3回の実験でペチバーの根には、Gは1匹も近寄らなかったと。

そして、その根から抽出されたのがペチバーのオイル。

これは使うしかない!ってことで、2種類ほど購入してみました。

グリーンラベルの「ease アロマオイル エッセンシャルオイル ベチバー 10ml AEAJ認定精油」は在庫切れ。

やはりこの時期はG対策?で売り切れてしまっているのかも。

香りはどちらも少し焦げたような独特なスモーキーな香り。

人によっては好き嫌いが分かれますが、私はこの深いエキゾチックな香りは、気持ちが落ち着いて好きです。

就寝時には、アロマポットでベチバーとハッカ油を垂らして、部屋中ゴキが嫌う香りにしてから寝てますw

ハッカはゴキだけでなく、蚊、ダニ、コバエにも効果的。

観葉植物の近くにアロマストーンに染み込ませて置いただけで、虫が激減しましたよ!

 

お値段は高いけど、質が高い北見ハッカもおすすめ!

ツーンときつくないハッカでいい香り。

ゴキ対策にはもったいないので、お風呂に入れて使ってます。

ゴキ対策のアロマオイルの使い方

一般的には、無水エタノールと精製水を割って、スプレーにして使います。

分量はエタノールと半々の人もいれば、精製水を5〜10倍にする人も。でもなぜか精油は20滴。

どの辺りに振りまくかによって、精油量と殺菌力を測る必要がありますね。

しかも、スプレーボトルには注意が必要で、ポリスチレン(PS)を溶かしてしまうそう。

ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ガラス製が良いとのこと。

これをゴキが通りそうな場所にスプレーしてお掃除。

ずぼらな私は、市販の除菌スプレーに直接オイルを数滴入れて、簡単に作ってしまいますが・・、正しい作り方ではないのでマネしないでくださいねw

拭いたあとは、ベチバーの香りがしますが「これで効いているんだ」と少し安心できます。

アロマストーンやリードディフューザーで簡単に

虫除け&アロマとして活用するなら、アロマストーンやリードディフューザーで香りを漂わせて。

先程もご紹介しましたが、アロマストーンにハッカ油を染み込ませて、観葉植物に置いています。

ハッカの香りが爽やかですし、虫が極端に出なくなりました。

これは一年中続けています。

玄関には、リードディフューザー(アロマスティック)もおすすめ。

おしゃれなガラス瓶に精製水と精油を入れ混ぜ、そこにスティックを入れるだけで香りが持続。

芳香剤&玄関からの侵入も防げます。

ゴキが嫌いな香り一覧

どうせなら好きな香りで、G対策したい!

そんな方に、Gが嫌うといわれる香りをご紹介します。

  • クローブ
  • キャラウェイ
  • ティーツリー
  • レモン
  • シナモン
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • オレンジスイート

この中でG対策として、かなり忌避効果が高く有名なのはクローブ

ベチバー同様、香りは好き嫌いがあるかもしれませんが、他の精油と合わせやすい香りだと思います。

虫除け三銃士のベチバー、クローブ、ハッカを揃えれば、家の中でGを見ないで夏を乗り越えられるかも!?

一応、毎年夏にアロマオイルとムシさんバイバイで対策しているおかげか、まだ見ておりません。

しかし、油断ならないですね・・どこからやってくるかわからない。

基本、夜は窓を開けちゃだめ、ぜったい。

あと、カラカラに除湿すると生きられないようなので、除湿機や乾燥剤も取り入れてみてください。

それでも遭遇したら、薬剤でピタころりw

薬剤スプレーも用意しておくと、より安心です。