ナチュラルに私らしく心地よい暮らし

元住吉の持ち帰りバインミー!ベトナムサンドイッチのクセになる食感とは

バインミー

数年前からじわじわと人気上昇中のバインミーの特徴や、実際に元住吉にあるベトナムサンドイッチ専門店『Thao’s』で購入して食べてみた感想をお伝えします。

バインミーとはベトナムのフランスパンのこと

ベトナムでは、フランス統治時代から続くフランス文化の名残から、パン食が日常的に食べられるようになりました。

ベトナム語でバインミーはパンの総称ですが、フランスパンを指すことが一般的。

バインミー

屋台や駅ではバインミーを使ったサンドイッチが売られ(作り置きではなくその場で具を挟んで渡すスタイル)、庶民のファーストフードとして親しまれています。

バインミーの特徴

バインミーの見た目は、小ぶりなフランスパン。

主な原料は小麦粉ですが、米粉が入っているバインミーもあるようです。

地域やお店によって個性は様々ですが、どの場合でも軽〜くふわっと焼き上げてあるのが特徴です。

硬いフランスパンとは異なり、外側はパリッと、中はふわっとやわらかい。

その軽い食感のフランスパンに、バターを塗って、好きな具材を挟んで食べるのがベトナムサンドイッチ=バインミーです。

具材はレバーパテ、揚げた魚、蒸した鶏肉、団子、ハム&ソーセージ、甘酸っぱい酢漬け野菜、香草など。

タレはチリソース、ニョクマム、シーズニングソースが一般的です。

\スポンサーリンク/

実際にバインミーを食べてみました

バインミー

元住吉にあるバインミー専門店「THAO’S」でバインミーをお持ち帰りしました。

バインミー

今回は「白身魚香草フリット」に「チーズ」をトッピング。

バインミー

見た目はフランスパンなので、歯で噛み切れるか心配だったのですが・・サクッと軽く噛み切れました!

想像とは違う歯切れの良さにびっくり!

とってもやわらかくて、軽い食感!

重さがないから2個くらい食べれるかも。

バインミー

具材の大根と人参の酢漬け野菜がさっぱりして、しゃきしゃき感がアクセントになってます。

パクチーの香り、フリットのサクッと感、チーズのコクがバインミーと同時に口の中から消える感じ。

まるでごはんとおかずのようなバランスの良さが、バインミーにはありますね。

フランスパンより軽くやわらかい、コッペパンより硬くもちっとしている・・そんな具材を挟むにはちょうどいいパン。

歯と顎が痛くならないところもいいw

一度食べたらまた食べたくなる美味しさです!

THAO’Sの情報

バインミータオズ

【営業時間】月曜〜金曜日10:30〜14:30/17:00〜21:00、土日休日10:30〜18:30
【休日】火曜日
【場所】元住吉駅東口を出たら、すぐ左に曲がり、線路沿いをまっすぐ歩いて1分以内
【ホームページ】http://banhmithaos.com/

店内にある食券を購入して、カウンター窓口で渡しテイクアウト。

メニューは7種、レギュラーサイズとスモールサイズあり(HPに記載)

バインミータオズ

トッピング:パクチー増量100円、パテ追加80円、チーズ80円、トマト50円、ふわふわ卵50円、自家製チリペースト20円

サイドメニュー:気まぐれで替わるスープ380円、フライドポテト270円、自家製マンゴープリン250円

ドリンク:ベトナムコーヒー350円、ベトナムビール500円、水ソフトドリンク80円〜