本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

歯ぎしり予防に歯ぎしりくん!2ヶ月使ってみた効果と口コミ

歯ぎしりくん

ストレス、寝不足、疲労などからくる歯ぎしり。

私も思い当たる節はあったものの、歯ぎしりを指摘されるまであまり自覚がありませんでした。

そこで、すぐに使える歯ぎしり専用マウスピースを探したところ「歯ぎしりくん」なるものを発見!

実際に2ヶ月間使ってみた感想をご紹介します。

歯ぎしりくんを飲み込むことはない?

歯ぎしりくん

歯ぎしりくんの特徴は、歯全体ではなく、下の奥歯にはめるということ。

説明書には「透明のブリッジが舌の下に入りますので、就寝中に飲み込むことがありません」と記載されています。

実際に奥歯にはめると、自然に舌の下にブリッジが入るので浮かずに固定されます。

意識的に外さない限り、外れにくい仕組みになっています。

歯ぎしりくんの使い方と効果

歯ぎしりくん

使う前に、自分の歯型を成形をします。

歯ぎしりくん

白い部分が奥歯3本分くらい。

このマウスピースをお湯で柔らかくして歯型を取ります。

歯ぎしりくん

お湯を沸かしてサーモチェッカーを入れ、適温マークが出たらマウスピースを入れます。

45秒たったら取り出して奥歯にのせます。

歯ぎしりくん

横から指で押さえながら、しっかり5秒噛みしめます。

これがけっこう難しい。

初回は、奥歯とブリッジの距離感覚がわからないので失敗するかもしれませんが、お湯で元に戻せるので大丈夫w

私は3回目で「まぁこんな感じかな」くらいのフィット感になりました。

歯ぎしりくん

歯型がついたら出来上がり。

使った後は、水洗いしてケースに収納します。

私は毎回、水洗い後に拭き、ノンアルコールのリステリンで消毒してます。

歯ぎしりくんを使って1週間、全く慣れず

初日〜3日間は違和感があり、オエっと気持ち悪くなりました。

オエッとなっても簡単には外れないので、夜中に起きて外し、また寝るを繰り返しました。

確かに、勝手に外れることはないですね。起きるしかないw

3週間ほどで慣れ始める

外すと歯ぎしりが始まるので、気持ち悪いのを我慢して装着。

すると、3週間ごろから徐々に気持ち悪さも薄れ、夜中に起きることもなくなりました。

旦那さんには「キュッキュッと音が聞こえる」と言われたので、どうやら歯ぎしりくんを噛んでいる様子w

歯ぎしりは相変わらずですが、歯が欠ける心配はなさそう。

2ヶ月たった今

すっかり慣れて気持ち悪さはなくなりました。

歯ぎしりくんを噛むキュッキュッ音も聞こえなくなったそうです。

自分でも歯ぎしりくんを噛んだときの違和感で目覚めることがあったので、気にして無意識に噛まなくなったのかもしれません。

最近、歯医者さんの定期検診にも行きましたが、歯の欠けもないようです。

以前、歯の舌ざわりが悪く歯医者さんで見てもらったときは「微細な欠け」があり治療してもらいました。

そのときも「歯ぎしりしてない?」とは言われましたが、「記憶にありません」と返事をしていました(汗)

今度は歯ぎしりを白状して、歯医者さんでもマウスピースを作ってみようかと思います。

今のところは、新しい歯ぎしりくんを購入したところなので、歯ぎしりくん続投で。

ちなみに、歯ぎしりくんは消耗品なので2〜3ヶ月ごとの交換がおすすめです。

歯ぎしりくんまとめ

市販のマウスピースは慣れるまで日数もかかるし、長く続けることで噛み合わせにも影響するかもしれない・・。

急ぎでなければ歯医者さんでマウスピースを作るのが最善かと思いますが、マウスピースを作るまでの時間も代用品も必要。

なので、すぐに使える市販のマウスピースで、自分に合うものを探しておくのもアリですね。

サイズ感が合えばオエッとならないかもしれないし、これは試してみるしかないです。

created by Rinker
メリードア
¥1,100 (2019/11/13 02:10:09時点 Amazon調べ-詳細)

次回、歯医者さんでマウスピースを作ったら改めて追記しますね!どっちがいいか比べてみます。