紫外線を浴びた分だけ老化が進む!来年のシミやシワを作らせない方法



スポンサーリンク

紫外線を浴び続けると日焼けなどの炎症だけでなく、実は肌老化まで進めてしまっています!
今回は、紫外線による肌老化と危ない日焼けをご紹介します。

老化の約80%が紫外線による影響

なんと米国皮膚科学会では、老化の約80%が紫外線による影響だと考えられています。
紫外線を浴び続けることでダメージが蓄積され、皮膚の中で細胞にダメージを与える活性酸素が発生します。
この活性酸素が、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン繊維を分解する酵素の産生を促進。

その結果、乾燥、しわ・たるみが生じやすくなります。

肌の老化を早め、シミの原因にもつながってしまうのです。
通常メラニンは皮膚のターンオーバーとともに排出されますが、肌老化に伴いターンオーバーが低下すると、排出されずに色素沈着を起こしシミになります。

しわ・たるみ・シミは、紫外線による慢性的な皮膚障害といわれているのです。

気をつけなくてはいけない日焼けとは

海やレジャーで日焼けするとき、どんな日焼け肌の状態になりますか?

黒く日焼けするのは、紫外線から身体を守ろうとする肌の防御反応で、サンタンといいます。

紫外線を感知すると、メラニンを大量に生成し、まるでサンスクリーンのように紫外線をカットして細胞を守るのです。
主に紫外線A【サンケア指数PA】によるもので、エネルギーが弱く火傷にはなりません。
エネルギーが弱い紫外線ほど波長が長く、肌の奥まで届き肌老化を早めますが、身体へのダメージは低くなります。

また、紫外線を浴びた直後から黒くなる即時型黒化と、赤く日焼けしたあと数日後から黒くなる遅延型黒化があります。

すぐに黒くなる即時型黒化は、肌に元々あるメラニンが多い色黒の人ほどなりやすい。
紫外線を浴びることで、一時的にメラニンが酸化して黒くなるためといわれています。

色白の人は、元々メラニンが少ないのでサンタンを起こしにくく、赤い日焼けになりやすい。

そして、ここで気をつけなくてはいけないのは、肌が赤くなってヒリヒリと火傷のような状態になること。
これを、サンバーンといいます。
主に紫外線B【サンケア指数SPF】によるもので、エネルギーが強く、表皮にダメージを与え、細胞の遺伝子を傷つけたり免疫機能まで低下させます。

紫外線を受けてから、約3〜6時間で真っ赤になり、火傷と同じく水疱ができ、約24時間後にピークに。
この炎症が数日続いてから、サンタンや肌荒れを起こします。
サンバーンは、細胞のDNAの損傷も伴うので、繰り返すことで皮膚がんの要因にもなるので注意が必要です。

小麦色の肌になりたい場合は、紫外線Bを防ぎながらキレイな小麦色にするサンタン化粧品を使うのがおすすめです。

日焼け後のお手入れはアフターサン化粧品で

日焼け後の肌をケアするアフターサン化粧品で、その日の紫外線ダメージをリセットしましょう!

赤くなった肌には、抗炎症作用のある化粧水や水性ジェルでたっぷりの保湿ケアを心がけて。

色素沈着の回復には、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸配合の美白化粧品がおすすめです。

いつも以上に化粧水をたっぷりと浸透させてから、美容液パックで肌のほてりを沈めましょう。

紫外線のダメージは肌に蓄積されてしまうので、日焼け後のお手入れ次第で、若さを保てるか老けが進行するかが分かれてしまいます!

夏のレジャーには、SPF50PA++++の日焼け止めで紫外線対策をしっかりと!

ちなみに、頭皮の分け目も日焼けするので、将来薄毛で悩まないためにも、帽子や日傘も必須。
日によって分け目もを変えるのもおすすめですよ。

忘れがちな手の甲にも、日焼け止めをお忘れなく。
意外とシミができて老けやすい場所なので、手を洗う度に塗り直して。
もちとん、顔と同様に化粧水でしっかりケアしてくださいね!