迷わない【日焼け止めの選び方】SPFとPA、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは!?



スポンサーリンク

7月に入って、本格的に日差しが強くなりました。
日焼け対策していますか?
なんとなく選んでいる日焼け止めですが、SPFやPA、原料を知れば、自分に合った日焼け止めを選べるようになります。
紫外線と日焼け止め化粧品の基礎知識をご紹介します。

白浮きするのはなぜ?日焼け止めには2タイプ

日焼け止めの紫外線カット剤には、紫外線紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2タイプがあります。

紫外線吸収剤は、化学物質が紫外線のエネルギーを吸収して、他のエネルギーに変えることでブロックします。
まれにアレルギーを起こす人もいますが、白浮きしにくいのも特徴です。
この紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めをノンケミカルと呼んでいます。

紫外線散乱剤は、微粒子で物理的に紫外線を跳ね返してブロック。
かぶれるなど症状が出にくく敏感肌の方におすすめ。
白浮きするのはこの紫外線散乱剤の微粒子と反射のため。
また、きしみ感がでやすいという問題もあります。

日焼け止めクリームは、2つの紫外線カット剤を合わせて効果を高めているものもあれば、紫外線散乱剤のみを使用したノンケミカル処方のものもあります。
紫外線吸収剤、紫外線散乱剤のメリット・デメリットに合わせて、日焼け止めを選ぶときの参考にしてみてください。

SPFとPAの値の選び方

紫外線には、肌に影響するUV-AとUV-Bがあります。

紫外線の9割を占めるUV-Aは、生活紫外線といってエネルギーは弱いのですが、肌の奥まで届くので肌を黒くしたり、しわ・たるみの原因につながります。

UV-Bは、肌の表面(角層)までにしか届きませんがエネルギーが強く、炎症・シミ・皮膚がんの原因になっています。

  • UV-Aを防ぐのが、PA
  • UV-Bを防ぐのが、SPF

PAの値は、UV-Aを照射後2〜24時間に生じる皮膚の即時黒化を指標にしたもの。

PA+〜++++まで4段階。

SPFの値は、赤くヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安。
普通肌25分×SPF24=600分=10時間

UV-Aは、4月〜9月がピーク。冬では半分。
老化の原因になるPA値には、一年を通して気をつけるといいですね。

UV-Bは、7月〜8月がピーク。
海やプールでは、UV-Bが水面に反射してより影響を受けやすいのでSPFの高いものを選ぶのが効果的です。

日焼け止めを選ぶときのまとめ

日焼け止めを選ぶ際は、3つをポイントに。

  • 日常用・レジャー用
  • 春夏・秋冬
  • 普通肌・敏感肌

SPFとPAの強さを変えることで、紫外線カット剤も変わってきます。
季節や使う用途、肌質によって分けて使うことがおすすめです。

また、SPFとPAの効果を持続させるには、一日2〜3時間置きに塗り直すことも大切です。
顔には、パウダーでお化粧直し。紫外線を反射させる効果が高まります。

あとは、日傘、帽子、サングラスも忘れずに!