染めない白髪ケアで薄毛もカバー

日本酒の化粧水おすすめコスパ4選!たっぷり使えるからお肌ツルツル美肌効果!

日本酒の化粧水

半年前から、化粧水を「日本酒をベースにした化粧水」に変えてみたら肌の調子が良くてツルツル!

最初はアルコールが強めなので不安がありましたが、これがいい!

さっぱり好きな私にはピッタリ合っていました。しかも超コスパ!

そんな私のお気に入りの化粧水2種と使ってみたい有名酒造メーカー2種を厳選してご紹介します。

お気に入り!日本酒の化粧水

日本酒の化粧水【すっぴん】【会津ほまれ】

半年前から愛用中の2品は「会津ほまれ」と「すっぴん」。

ふき取り用化粧水として「すっぴん」を、うるおい用に「会津ほまれ」を。

私の使い方

お風呂上がりに「すっぴん」をコットンにとって、顔全体(髪の生え際まで)をふき取ります。

時間のあるときはデコルテ(耳裏も)も。

その後、コットンを裏返して「会津ほまれ」をたっぷりとって、ぎゅうぅっと肌に押し込むようになじませます。

数回に分けて「ぎゅうぅ」を繰り返すとハリがでてきますよ♫

こうして化粧水で肌を整えてから、シワができやすい目元やほうれい線にクリームを塗ってスキンケア終了です。

今の乾燥する季節に、このケアだけでツルツルです。

とっても簡単だし、なによりも心地よい。

そしてコスパが良いこともポイント!

シンプルなケアで効果を高めるのは、たっぷり使えることも大事なのです。

福光屋 純米酒 すっぴん

寛永二年創業の金沢で最も長い歴史を持つ酒蔵『福光屋』。

米と水だけで造る純米蔵として名高く、直営店は東京ミッドタウンや松坂屋銀座にもあります。

日本酒だけでなく米醗酵技術を生かした食品・化粧品も展開、メディアでも多く取り上げられています。

日本酒の化粧水【すっぴん】

そんな『福光屋』さんの化粧品の中でも、最安値の化粧水が【すっぴん】550円(税込)

600本の日本酒タンクの中から発見された美容にいい純米酒だそう。

日本酒の化粧水【すっぴん】原材料と度数

なんと品目は清酒なんです!?

原材料:米、米麹 アルコール分13度

注意書きにも「お酒は20歳になってから〜」の文言があり、原材料を見ても純米酒。

なので20歳未満の方は購入できません!

日本酒の化粧水【すっぴん】使い方

ご使用方法はもちろん飲料ではなく・・

  • 化粧水として
  • パックとして
  • 洗顔に
  • マッサージに
  • その他、全身のお手入れに

開封後は「1ヶ月をめどに使い切る」とのこと。

日本酒の化粧水【すっぴん】

香りも日本酒です!お酒が弱い人は酔ってしまいそうなくらい。

最初は当然びっくり!アルコール13度だしお酒そのものだし大丈夫なの!?って。

日本酒の化粧水【すっぴん】

手にとってみると、さらさらで拍子抜けするくらい優しいつけ心地。

驚いたことにベタつきは全くなく、サッパリとした仕上がり!!

コットンにつけて拭き取るようになじませるとスベスベになります。

それでいて、ちゃんと肌に潤いも残る。

まさに肌が「すっぴん」になるような使い心地は、最初につける導入化粧水としておすすめです。

酒造 会津ほまれの化粧水

大正7年創業の福島県喜多方市の酒蔵『會津ほまれ』。

日本酒の化粧水【会津ほまれ】

フリーアナウンサーの唐橋ユミさんのご実家でもあります。

現在、會津ほまれから販売されている化粧品は2つ。

日本酒の化粧水【会津ほまれ】

第一弾の化粧品が愛用中の【会津ほまれ 化粧水】1100円(税込)

喜多方市のふるさと納税の返礼品でもあります。

日本酒の化粧水【会津ほまれ】

『會津ほまれ』の日本酒を60%配合し、ラベンダーと3種の生薬エキスを漬け込んだ化粧水です。

日本酒の化粧水【会津ほまれ】

さらさらとしたテクスチャーで、コットン使いにぴったり。

香り高く心和らぐラベンダーの香りもお気に入り!

スキンケアでは香りも楽しみたいですよね!

「すっぴん」でスッキリと整えた肌にぎゅうぅと浸透させると、ぐんぐんなじんでいきます。

手のひらでつけると、すーっとなじみうるおいます。

さらさらの仕上がりで、香りもつけ心地も爽やか!

日本酒の化粧水を2つ使うことで整肌効果がアップして、さらにうるおい感にも満足しています。

ツルツルとうるおいならダブル使い!おすすめです。

ちなみに私はたっぷり使いたいので、楽天で3本セットを購入してます。送料無料でお買い得です♪

MEMO
第二弾は2018年に発売された『ほまれPREMIUM化粧水』6050円(税込)
お値段6倍!ですが、なんと、日本酒が90%!!
さらに美容成分を配合した高級な化粧水。
created by Rinker
日本ゼトック
¥6,050 (2020/09/26 17:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

コスパ!日本酒の化粧水

日本酒メーカーで有名な「日本盛」と「菊正宗」でも化粧品が販売されています。

今回はシリーズ最安値のコスパ化粧水を2選ご紹介します。

日本盛 日本酒の保湿化粧水

500mlで792円という超コスパな化粧水。

使ってみたいポイント全身にバシャバシャ使える
ふき取り用に良さそう
整肌成分と保湿成分配合

菊正宗 日本酒の化粧水

1本に一升瓶と同じアミノ酸量と3種のビタミンを配合させた化粧水、500mlで924円。

使ってみたいポイントアミノ酸たっぷり
ビタミンで保湿度アップ
アルブチンとプラセンタも配合
created by Rinker
菊正宗
¥896 (2020/09/26 20:54:32時点 Amazon調べ-詳細)

日本酒が肌にいい理由

日本酒に含まれる美肌成分といえば麹菌とアミノ酸。

とくにアミノ酸はワインの10倍とも言われています。

アミノ酸は、コラーゲンなど肌を構成するたんぱく質の原料で、肌の天然保湿因子の主成分でもあります。

つまり、美肌には欠かすことのできない成分なのです。

日本酒にはこの肌に欠かせないアミノ酸の種類が20種以上含まれています。

日本酒の種類は、お米と麹だけで造った純米酒の方がアミノ酸が豊富です。

また、麹菌には保湿作用やシミの原因となるメラニンを抑えたり、細胞を活性化させる作用もあるとか。

そんな美容効果を期待して、飲料の純米酒をお風呂に入れる「日本酒風呂」も話題になっています。

一般的な湯船に対し1合〜2合が適量ですが、日本酒風呂専用の純米酒がおすすめです。

アルコールが心配な方は、パッチテストをしてから使ってみてくださいね!