洗髪も洗顔もこれひとつ!全身に使えるアレッポの石鹸



スポンサーリンク

オーガニックライフスタイルEXPOで出展されていた『アレッポの石鹸』。
そのブースでサンプルをいただきましたので、使ってみた感想をお伝えします。

アレッポの石鹸って何?

シリアにある古代都市アレッポで1000年前からの伝統的な手法で作られる石鹸。
石鹸発祥の地とされるアレッポは、1000年前からシルクロードと地中海を結ぶ交易地として、世界中から多くの商人が訪れた場所。
当時から特産品として、石鹸が高い人気を得ていたようです。

原料は、オリーブオイルとローレルオイル。

地中海地方原産のオリーブとローレルの実から摂れるオイル、アルカリ(水酸化ナトリウム)、わずかな水のみ。
オリーブは、シリア農園でオーガニック栽培されたものを使用。
ローレルは、地中海沿岸に自生する無農薬ローレルを使用。

3つの原料を、伝統的な石鹸製造方法(窯焚き)で石鹸の素地をつくり、枠に流して固めた後、切断し刻印。
その後、1~2年自然乾燥で熟成させて完成。
この熟成期間で、緑色から飴色に変わっていきます。

アレッポの石鹸は、1000年前から変わらぬ原料と製造方法で作られています。

アレッポの石鹸は肌にとって何がいいの?

オリーブオイルのオレイン酸は、人の肌とよく似たph(弱酸性)なので、洗い上がりが優しいということ。
通常石鹸は、アルカリと反応させてつくるので、洗ったあと一時的に肌が弱アルカリ性に傾きますが、アレッポの石鹸は汚れを落としつつも肌にはやさしく働きます。
また、ポリフェノール、ビタミンE、スクワランなどの成分も含まれていますので、肌に潤いを残すのです。

ローレルオイルは、フケ・痒みを取り、体臭を抑える効果があるとされています。

アレッポの石鹸には、ライト、ノーマル、エキストラの3種類があって、それぞれにオイルの比率が変わります。
ライトが一番マイルドになります。

  • ライト
    オリーブオイル98:2ローレルオイル。
  • ノーマル
    オリーブオイル90:10ローレルオイル。
  • エキストラ
    オリーブオイル60:40ローレルオイル。

アレッポの石鹸で全身を洗ってみました

手に取ると、とても柔らかくて、手触りがなんともやさしい。
ローレルオイルのウッディーな香りがしますが、きつい香りではなく自然のいい香りです。

まずは、【洗髪】から。
よく髪を濡らしてから、石鹸を直接髪につけて、くるくると撫でると、少しずつ泡がたってきます。
1回目は、髪のシリコンコーティングや整髪料で、泡立ちが良くなかったのですが、2回目ではちゃんと泡立ちました。
頭皮を中心に指でゴシゴシすると、頭皮がスッキリする感覚があります。
その後すすぐと今まで感じたことないほどのキシキシ感が!
これはやばいとリンスをつけると、ウソのようにスルンとした指通りに。

キシキシするのは、石鹸の弱アルカリ性のため。
アルカリを中和させ、弱酸性に傾けるとなめらかになるようです。
そのためクエン酸リンスとの相性がいいようです。

クエン酸小さじ1を洗面器8分目ぐらいに貼ったお湯に溶かし、髪に馴染ませるというもの。
髪が傷んでいる人ほど、キシキシ感を感じるみたい。
私はカラーリングもパーマもしているので、髪本来のツヤとは正反対・・なのでキシキシにビックリしました。

でも、石鹸で髪を洗うって気持ちがいい!
頭から石鹸でゴシゴシする感じもちょっと楽しいです。
洗ったあとも頭皮がキュッとして、髪を乾かさなくてもベタッとしなかったところが良かったです。

次は【洗顔
ふつうに洗顔石鹸として、顔を洗いましたがつっぱらない。
すっきりとした洗い心地です。

洗顔後つっぱらないから、そのままゆっくりと【体の洗浄】に。
タオルなどを使わず、手で持って手洗いにしてみました。
柔らかいから、手になじむので持ちやすく、肌に直接石鹸を付けても洗いやすい。
他の石鹸だと、手からすり落ちることが多いのですが、アレッポの石鹸エキストラは手になじみます。
この絶妙なやわらかさがいい!
洗い流したあとは、さっぱりなのに潤いが残ってる感じがしました。

石鹸1つで、頭から体まで使えるってすごい。

石鹸だから容器が要らない、このシンプルさ。

性別も問わず、家族みんなで使えるから浴室もすっきりシンプルに。
旅行の際にも、これ1つ持っていくだけ。

そしてお値段もお財布に優しい。

ライト500円(新発売)、ノーマル630円、エキストラ900円。

見た目もおしゃれだから、買い置きしても部屋のインテリアにもなりますね。

一度は使ってみてほしいアレッポの石鹸、ぜひお試しあれ!

オーガニックライフスタイルEXPOで、新しいオーガニックを発見&体験レポート!

2017.07.31