Amazon冬のクーポンをゲットしよう!

ツヴィリング【クラシック料理バサミ】を研ぎ直し修理サービスに出しました!

ツヴィリングヘンケルス-クラシック料理バサミ

すでに愛用歴15年以上『ツヴィリングクラシック料理バサミ』。

丈夫なのはもちろん、一度使うと手放せないくらい使いやすい!!

しかし、ずぼらな私は一度もお手入れをしたことがなく食洗機にぽんっと入れておしまい。

もちろん研ぎ直しもなく、かなり年期が入っている状態・・。

これからも使い続ける為に、ツヴィリング公式【研ぎ直しサービス】にお願いしてみました!

ツヴィリング料理バサミの研ぎ直しに依頼

料理バサミを「研ぎ直し・修理」のページを参考に、カスタマーサービスへ電話連絡し、郵送にて申込みました。

カスタマーサービス:0120-75-7155(平日10:00〜17:00)

研ぎ直し費用
キッチン料理バサミ
代金2800円+送料500円+代引き手数料300円+消費税=合計3960円
(発送時の送料別)納期3〜4週間

郵送先は、シャープニングセンター

住所 〒501-3911 岐阜県関市肥田瀬4064
宛先:ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン株式会社 ZSC研ぎ直し係
電話:0575-22-1863(包丁の研ぎ直しに関するお問い合わせ)

電話連絡なしで直接上記の「研ぎ直し係」に発送してもOKです。

住所、名前、電話番号、依頼内容]をメモ用紙に書いて同封します。

シャープニングセンターへ郵送

ツヴィリング研ぎ直しサービス

ハサミ全体をプチプチで包み、刃の先端が飛び出ないよう、さらに梱包材で補強しました。

ツヴィリング研ぎ直しサービス郵送

B4サイズの厚紙封筒に入れ2つ折りにし、しっかり封をしてからポスト投函しました。

研ぎ直しから戻ってきたレビュー

すみません!まだ戻ってきていません。

依頼から2〜3週間ほどかかるようなので、戻ってきたらビフォーアフターでレビューします!

しばらくお待ち下さい…

ツヴィリングキッチン料理バサミとは

ここで、簡単にクラシック料理バサミをおさらい。

世界で初めてキッチンで必要な要素を備えた万能バサミ。1938年に特許を取得。

鍛え上げた鋼材を使い、独自の焼入れを施した刃は最高品質の強度と切れ味。その機能性と耐久性は、驚異のロングセラーが物語っています。

ツヴィリング料理バサミの3つの機能

栓を抜く

ネジ蓋を開ける

固い蓋を開ける

固く開けにくい缶蓋もテコの原理で少しだけ傾けると空気が入り、簡単に開けられます。

(※戻り次第画像付きで説明しますね)

ツヴィリングとヘンケルスの違い

ZWILLINGグループには似た2つのマークがあります。

ZWILLINGHENCKELS
ZWILLINGロゴHENCKELSロゴ

双子マークがメインブランドの「ツヴィリングJ.A.ヘンケルス」。

一人マークは、価格を抑えたカジュアルブランド「J.A.ヘンケルスインターナショナル」。HENCKELS INTERNATIONALの略HI(エイチアイ)という呼び名でも知られています。

ツヴィリング料理バサミのお手入れ方法|食洗機OK?

柑橘類や漬物など酸性・塩分の強い食品をカットした後は、中性洗剤でキズを付けないように洗い、乾いた布で水気を拭きとります。

食洗機は、公式では包丁についての記載ですが基本的におすすめしていません。

もし食洗機をお使いの場合には、ナイフが他の物とあたらないよう分けて置き、洗剤はブレード部分の鋼材や、ハンドル部分の材質に損傷を与える化学薬品が含まれていないか成分を確認の上お使いください。食洗機でナイフを洗うとブレード(刃)の切れ味が長く持たない場合もございます。

私は毎回ではありませんが、食洗機も普通に使ってきました。その場合、洗剤なし。

お手入れも適当に、長年かなり酷使してきましたが切れ味は劣らず。ずっと現役で使えて丈夫なのは、ほんとに凄い。

新しいサテンクラシック料理バサミ サテン

クラシック料理バサミに新たにワンランク上のサテンが登場。サテンという名前だけあって光沢が美しく高級感があるのが特徴。

塗装ではないので剥げの心配がなく美しさ長持ち、よりスタイリッシュにキッチンに映えます。

ツヴィリング料理バサミまとめ

実はこの料理バサミ、昔母に買ってもらったもの。刃物は演技の良い贈り物で「災いを断ち切る、未来を切り開く」という意味があるそうです。

その意味を知ると尚更欲しくなりますね!研ぎ直すと運気もアップしそう〜

今後も研ぎ直しサービスを利用して使い続けるつもりです。

ブランドは違いますが『グローバル包丁』を研ぎ直しに出した記事も合わせてご覧ください

グローバル包丁研ぎ直しサービス&自分で研ぐスピードシャープナーGLOBAL包丁研ぎ直しサービス&自分で研ぐスピードシャープナーを使ってみた!