香辛堂で挽きたてのミックススパイスと生コンブチャを味わう!

香辛堂こうしんどう



スポンサーリンク

自由が丘にある『香辛堂』(こうしんどう)さんでミックススパイスを購入してみました。

こちらは日本初、注文を受けてから挽きたてのスパイスを提供するお店。

自分好みのオリジナルのスパイスを作ることができますよ。

香辛堂
  1. 赤いテントのお店に挟まれた可愛らしいレンガ調の小さなお店。
  2. 店内はスパイスが入った瓶がずら〜っと並んでいます。

香辛料のいい香りが漂った店内では「KE-HARE Konbucha」も立ち飲みできます。

今回は、購入したスパイスと、香辛堂さんで飲んだ「KE-HARE Konbucha」、コンブチャ商品についてご紹介します。

香辛堂オリジナルミックス3種をチョイス

自分好みのスパイスを作れるのはもちろん、料理に合わせた香辛堂オリジナルのミックススパイスが豊富にありますので、初心者でも大丈夫。

私は今すぐ使いたい3種類のスパイスを選びました。

  • ペッパーミックス 500円
    4種類のペッパーにオールスパイスをミックス。
  • チャイの素 800円
    このままミルクティーと混ぜてもOKですが、お好みで他のスパイスを入れてもOK
  • 自由が丘ホットワインバニラ 1080円
    スパイスとバニラが入ったホットワイン用のスパイスミックス

ペッパーミックスは、すぐに使い切ってしまいそうなくらい香りも味もハマります!

チャイの素は、少し入れるだけで本格的な味に変身。

ホットワインバニラは、甘くてほんのりスパイシー、深みのあるとっても美味しい味です!

「チャイの素」私の使い方をご紹介

チャイのレシピというと、小鍋でスパイスを煮立て、牛乳と砂糖を入れて茶こしでカップに注ぐというのが大まかな流れ。

私の簡単なチャイの作り方は、電子レンジ。

茶こしも含め電子レンジ加熱対応のティーポットを使います。

茶こしがステンレスのものは外してから加熱して、ティーカップに注ぐときに使ってくださいね。

  1. 紅茶の茶葉を大さじ1杯入れる
  2. 香辛堂チャイの素を小さじ1杯弱入れる
  3. 黒糖を大さじ1杯入れる
  4. ここに冷たい牛乳を注ぐ
  5. 電子レンジで温める

香辛堂koushindoチャイレンジの飲み物温め機能(60℃)で温め、途中でスプーンでかき混ぜて、再度温めると味が均等になります。

ちなみに茶葉は、インドのTAJ MAHAL紅茶。

ミルクティー、チャイ用に適している茶葉のようです。私はインドのお土産としてもらいました。

見た目も味も香りも、香辛堂チャイの素を少し入れるだけで、ぐーんと本格的なチャイの味になります。

チャイ好きな方はぜひ♫

香辛堂さんのホームページでは、通販もできますので好きなスパイスを探してみてください!

KE-HARE Kombuchaを飲んでみました!

香辛堂コンブチャ香辛堂さんの店内では、日本初!サーバーから注ぐ生のコンブチャがいただけます。

コンブチャとは、日本で70年代に流行った発酵飲料「紅茶キノコ」のことで、健康にとっても良さそうな飲み物。

KE-HARE Kombuchaは、コンブチャと香辛堂さんのスパイスをミックスさせたオリジナルの紅茶キノコです。

私はコンブチャの名前を聞いて「昆布のお茶」を想像しましたが、飲んでみると全くの別物で「旨い!」。

微炭酸の紅茶に、スパイスを感じる爽やかさと喉越しの良さ。

これはグイグイ飲めます!

発酵エキスを生きたまま飲めるということは、抗酸化作用やデトックスに期待できますね。

健康オタクが多いといわれるアメリカ西海岸では、数年前にセレブからヒットし、今では普通にスーパーでかなりの種類が陳列されています。

日本での再ブレイクが近いかも!?

ちなみに、香辛堂さんでは1杯500円。

その場で瓶詰めタイプも2種類ほどありましたので、持ち帰りもできますよ。

自由が丘に出向いた際は、生コンブチャをグビッと一杯飲んでみてください!

今日本で買えるコンブチャを調べてみました

まだブームが来る前なので、そんなに種類は多くはありませんでしたが、濃縮タイプ、サプリメントタイプ、粉末タイプ、そのままジュース感覚で飲むタイプをチョイスしてみました。

めざましテレビで紹介された濃縮エキスタイプ
酵素液はもう古い!米国発の『コンブチャ』日本上陸!

 

次に来る!?コンブチャブームにいち早く乗ってみては!