本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

乾燥肌対策におすすめのオイルスキンケア!使い方も簡単に粉吹き&痒みにさようなら

乾燥肌対策オイル

寒くなってくると、熱いお風呂やシャワーが恋しくなりませんか?

冷えてこわばった身体の緊張が解けて、ほっと気持ち良くなりますよね。

お湯の温度を高く設定すると、早く芯から温まっていいのですが、肌の乾燥が気になるところ。

気がつくと、服や下着を脱ぐ時にパサッと粉を吹き『また乾燥の季節がやってきた・・』なんてことに。

外気の冷たい空気の乾燥に加え、熱いお湯でも乾燥を進めてしまう悪循環。

今回はそんな冬の乾燥から、簡単に保湿できるオイルスキンケアをご紹介します。

熱いお風呂では粉吹きの常連に

私は普段から熱いお風呂が大好きで、冬の季節にはなんと44℃〜45℃で入浴しています!

『あっち〜!たまらん』と毎回肌が赤くなるまで入浴。

シャワーも同じく、熱いお湯を浴びてシャキッとするのが好きなのです。

そして、お風呂から上がった1時間後から、カサつきや痒みがでるのはもちろん、下着を脱ぐ時には粉を吹いていました。

顔も鼻や顎が白くカサついてめくれてしまったり・・。頭皮からはフケもでる・・。

熱いお湯が原因というのは分かっていましたが、熱いお湯はやめられない。

保湿クリームを塗ってはいましたが、顔・体・髪と全身には使えない。

クリームを塗った直後はベタつくので、すぐに衣類を着られないということがネックになっていました。

使い分けるのも、ちょっとめんどくさいなと。

そこで、1年ほど前から冬のスキンケアで取り入れたのがオイルなのです!

以前の記事でもコディナのオイルなど紹介しましたが、オイルは全身に使えて便利なんですよ。

美容オイルの使い方とアレンジ|使ってはいけない人は?抗酸化力の強いオイルとは?

使い方はお風呂上がりにぱぱっと

私が実践している簡単オイルスキンケアをご紹介します。

お風呂から上がったら、タオルで髪と体を拭いてからスタート。

手順1
手にとる
手のひらに2滴取って両手に広げます。
手順2
上半身から
まずは、上半身をパッパッと手早く軽く叩くようにつけていき、なじませます。
手順3
下半身へ
再度2滴、手のひらに広げて、下半身をパッパッとつけてなじませます。
手順4
髪にも
最後に濡れた髪に手のひらに残ったオイルをなじませます。
手順5
完了!
タオルで水分を拭くと、ほとんど手にオイルが残っていないはず。

1〜2分以内にぱぱっと素早く完了でき、ベタつかないからすぐに衣類を着られます。

「オイル=ベタつく」と思われがちですが、これがまったくベタかないんですよ。

それだけ肌が乾燥してるってことかもしれませんが・・、オイルを付けていなかったら恐ろしい。

手のひらにオイルを感じないくらい、ベタつかずにさらさらしっとり。

肌にじんわりとなじんで柔らかいな肌の質感になります。

顔にも、オイルをつけてから化粧水でもOKなんですよ。

オイルスキンケアをしてからは、痒みも粉吹きもないです。

ポイントは、少量ずつ手にとってなじませることです。

顔用から全身用まで美容オイルを紹介

美容オイルには、全身に使えるオイルから顔のスキンケア用の贅沢美容オイルまで、さまざまなタイプがあります。

私が使っているものも含めて、良さそうな(欲しい!)オイルを集めてみました!

クナイプ

created by Rinker
クナイプ(Kneipp)
¥1,980 (2019/11/13 15:28:06時点 Amazon調べ-詳細)

【ボディ用】
ここ数年使っているドイツのオーガニック化粧品のクナイプ。

100%天然由来成分で、スッとなじんで香りもいいです♫

お風呂上がりにぱぱっとつけるだけの簡単ボディケアですが、冬の粉吹きも抑えられます。

コディナ

created by Rinker
CODINA
¥5,060 (2019/11/13 15:28:07時点 Amazon調べ-詳細)

【全身用】
植物油博士が創設者のスキンケアブランド「コディナ」。

フランスの工房で伝統製法を尊重して作られたアルガンオイルは、純度100%の未精製オイル!

ビタミンEが豊富だから、エイジングケアに最適です。

私もときどき使ってます、香ばしい香りの本格的なアルガンオイルです。

は詳しいレビューは下のリンクからどうぞ!
美容オイルの使い方とアレンジ|使ってはいけない人は?抗酸化力の強いオイルとは?

Coyori コヨリ

【フェイス用】
4種の植物オイルや20種類の漢植物エキス配合した、VoCEフェイスオイル部門4位の実力派。

私もたまに使ってます♫ 2層式なので軽〜いオイルです。冬の美容液としてもgood!

ベタつきが気になる方に、シワ・たるみのスキンケアオイルとして使いやすいですよ。

アプリアージュオイル

【フェイス&デコルテ用】
南フランスモンペリエにあるフィトフランスハーブ研究所(オーガニック認証機関エコサートを取得)と連携開発された安心のオイル。

ヨクイニン配合だから、首元のざらつきが気になる方にとくにおすすめです。

また、杏仁オイルのオレイン酸とビタミンB17が肌のリズムを正常に導きます。

アンデコール

created by Rinker
鈴木ハーブ研究所
¥5,560 (2019/11/13 15:28:08時点 Amazon調べ-詳細)

【フェイス用】
希少な33種の濃縮ハーブが原液・高濃度で配合。

生きたハーブの香りと生命力が作る抗酸化成分(フィトケミカル)で、悩みの芯へアプローチします。

ちょっと疲れた日に、植物の力を借りて癒やされましょう。

美容オイルまとめ

100%天然由来成分の全身オイルなら、フェイシャルケアとしても使えるので、1本持っていれば一冬は乗り越えられますよ。

フェイシャルケア用は、美容液代わりに。

乳液や保湿クリームが要らないですし、保湿は文句なし。しっとり感がかなり持続します。

また気になるオイルを見つけたら、ここにアップしていきますね!

冬は断然オイルスキンケアがおすすめです。