東京スカイツリー空いてる日と時間とは?入場券で花やしきに無料で行けちゃいます♪



スポンサーリンク

ちょっと前の話になりますが平日の午前中に、東京スカイツリーと花やしきに遊びに行きました。

まったく並ばず、人もまばら・・休日の混雑が嘘のような静けさ。

今後、平日にお休みが取れる方はぜひ参考にしてみてください。

スカイツリーへはオープンと同時に入場

まずは、朝8:00前にスカイツリー4階のチケット売り場へ。

チケット売り場が8時に開くので、その10分前くらいに到着。

すると、すでに10人ほど並んでいました。

並んでいる辺りには、まるで迷路のようにロープで道が作ってあり、休日はかなり混んでいるということが想像できます。

実はオープン当初、休日にも来たことがありますが、そのロープよりももっと手前まで並んでいて、あまりの待ち時間に諦めて帰ったことがあります。

今回は、待ち時間なし!

チケット売り場は横並びにたしか5列くらい?受付があるので、ほぼオープンと同時に購入できました。

エレベーターで天望デッキへ

エレベーターも当然待つことなく、ガラガラ。

エレベーターは振動もなく、あっという間に天望デッキに到着しました。

広々とした空間と、天井までの大きな窓から360度、東京を一望できます。

天空と言っていいほどの眺望。

遠〜くの山まで見えて、手前の東京の建物がちっちゃく見えます。

デッキ内には、東西南北に窓から見える景色と合わせたモニターがあり、指で触って場所の確認ができます。

上から見て、モニターで名前を確認して、交互に見れるから分かりやすい。

デッキにはセルフサービスのカフェがあります。

ここで買って、奥のロープでくくられたスペースで飲食できます。

立ち飲みカウンタースタンドと、小さなソファー2個くらいの小さめの店内。

ちなみに、私以外誰もいませんでした。

景色を見ながらほっと一息。

デッキで購入する天望回廊チケット

さらに上の天望回廊へ行くには、天望デッキのカウンターでチケットを購入します。

大人1,030円を支払い、天望回廊用のエレベーターへ。

エレベーターの天井はスケルトンになっていて登っていく様子が見れて面白かった。

到着すると、円形の通路にでます。

建物の格子が多く天井も低いので、あまり開放感はないですね。

ただ、足元から見える景色が怖い。

下を見ながら歩くと、空中散歩のような気分に。

奥の広いスペースでは、イベントの展示がされていましたので、景色を楽しむというより展示を楽しむという感じでした。

この日は懐かしの少女漫画の展示でしたので、天望デッキも天望回廊も、至る所に少女漫画の要素が散りばめられていました。

せっかくなので、好きなイベントのときを狙っていくのもいいですね!

天望回廊は足元が浮くような高さを感じられるので1回は行ってみても楽しめますが、景色を楽しむなら天望デッキだけで十分かな。

天望デッキで一杯

天望回廊からエレベーターで天望デッキに下り、先程のカフェとは違うフロアのカフェでビールを一杯。

天望デッキは上下3つのフロアに分かれていて、最初に出るところがフロア350

その下がレストランメインのフロア345。(ランチコース4,860円からとなかなかの高級店)

そして、お帰りロビーのあるフロア340

帰る際はフロア340に降りて、お帰りロビーにてエレベーターを待ちます。

私は、帰りのエレベーターに向かう前にビールを一杯。

平日の朝から東京を一望してのビール、なんとも贅沢な時間でした。

帰りのエレベーター手前には、ガラス床があります。

スカイツリーの白い柱が見えるので、高さを余計に感じてけっこう怖い。

東京タワーのガラス床より怖かったです(*_*;

スカイツリーの券で浅草花やしきへ

カフェの景色から見えていた花やしきが気になりiPhoneで検索してみると・・
スカイツリーの展望台の入場券で入園無料になるとの情報が!

早速、行ってみることに。

スカイツリーからはすぐに見えたのですが、徒歩で行くとけっこうな距離。

20分以上歩いてようやく到着。

入り口で、スカイツリーの入場券を見せるとすんなり入園できました。

しかし!この入園無料サービスは、2018年5月21日までの期間限定となります。

浅草花やしきは一度は訪れたかった場所なので、この機会に行けて良かったです。

平日の午前中だからか、こちらもお客さんがとっても少ない。

店員さんの方が圧倒的に多かったです。

昭和の遊園地がそのまま残っている感じと、人がいなくてちょっと寂しげな感じもノスタルジー。

左は日本最古のジェットコースター。

余談ですが、映画「転々」でオダギリジョーさんが乗っているシーンを思い出しました。
あの映画の雰囲気と花やしきのノスタルジー感がぴったり合っていて、今でも印象に残っています。

小さなジェットコースターですが、建物とぶつかりそうな狭いところを疾走するし、アップダウンもけっこうあり怖かった!

※写メは発車する前にⅠ枚撮ってすぐにしまいました。

右はスペースショット、一気に上がって急降下するもの。

急上昇と急降下は1回だけなのでそんなに絶叫はないですが、発車前のほうが緊張して怖かったです。

どのアトラクションも昭和からそのまま持ってきたかのように、すごく懐かしかったです。

名物の?お化け屋敷には入りませんでした。

お化け屋敷にノスタルジーはいらない、ここだけは最新であってほしい。

昭和から続くお化け屋敷なんて近寄れない・・本気の肝試しですね。

まとめ

平日の午前中にスカイツリーと花やしきに行きましたが、とっても空いていてスムーズに快適に行動できました♪

休日は激混みしているスポットに、早起きして出掛けると気持ちよく過ごせますよ!

2カ所周ってもまだ午前中、午後の時間はたっぷり残っています。

平日午前中の東京スカイツリーは穴場ですよ。

展望台混雑予想は公式サイトでチェックできますので、団体などの予約状況も確認してから行かれるのがオススメ。

スカイツリーと花やしきの最寄り駅

★東京スカイツリー公式ホームページ⇒http://www.tokyo-skytree.jp/

電車では、東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅、半蔵門線押上駅で下車。
目の前にスカイツリーがそびえ立ってます。

営業時間:8:00〜22:00
当日券:展望デッキ大人2,060円、天望回廊大人1,030円

★花やしき公式ホームページ⇒http://www.hanayashiki.net/

電車なら、東武スカイツリーライン「浅草駅」、東京メトロ「浅草駅」、都営地下鉄浅草線「浅草駅」、つくばエクスプレス「浅草駅」で下車。
とにかく浅草駅で降りて、浅草寺方面へ。
浅草寺の中へ入って、本堂を横切っても行くのが分かりやすいと思います。

営業時間:10:00〜18:00
入園料:大人1,000円(スカイツリーの券で無料)