MOA美術館|お土産ランキング!私が選んだもらって嬉しいお土産をご紹介します。

熱海MOA美術館お土産_飴



スポンサーリンク

熱海MOA美術館がリニューアルして何度か訪れていますが、その際、美術館内のショップでいくつかお土産も購入しました。

熱海MOA美術館オー・ミラドーで、アートと美食を味わう!自然農法の食材でカラダも喜ぶ

2017.06.30

夏のMOA美術館で涼しく芸術鑑賞!そばの坊で冷酒を一杯♪

2017.08.11

ショップの中でも、お値打ちで買いやすく、帰りの手荷物の負担にならないお土産ベスト5を勝手にランキング!

MOA美術館でお土産を選ぶ参考にしてください。

1位|クリアファイル

MOA美術館お土産クリアファイル『紅白梅図屏風』尾形光琳氏作
クリアファイル 500円

MOA美術館の所蔵する美術品の中で最も有名な「紅白梅図屏風」の絵柄が両面にプリントされたクリアファイル。

MAO美術品クリアファイル真ん中には金箔風の仕切りがあり、表と裏で白梅と紅梅を表現してある、なんとも美しいクリアファイルです。

使って気分が上がる文具は、買ってよかったNo1!しっかり活躍してくれています。

2位|煎茶&ほうじ茶

MAO美術館お土産お茶『特選銘茶館 焙じ茶』30g 各500円
『特選銘茶館 特上煎茶』30g 各600円

農薬や化学肥料を3年以上使用しない国内産MOA自然農法茶葉。

八十八夜を過ぎた5月頃摘んだ一番茶を使用しています。

MOA自然農法とは
・化学肥料や農薬を使用せず、緑肥や堆肥など自然のものを利用します
・土の持つ力を発揮させ、安全で良質な、その土地にあった作物を作ります

MOA美術館煎茶&ほうじ茶左がほうじ茶、右が煎茶。

どちらの茶葉もそれぞれの味わいが見えるような深い色合いです。

焙じ茶は、苦味がなく何杯でも飲みたくなる香ばしさ。

煎茶は、香りも味も上品なまろやかさ。

いくつあっても困らない&年齢問わず貰ってうれしいお土産だと思います。

30gと少ないですが、薄くて軽い上品なパッケージもお土産として最適!

3位|べっこう飴

熱海MOA美術館お土産_飴『べっこう飴』45g 450円

パッケージには「国宝 色絵藤北文茶壺 野々村仁清」の作品がプリントされています。

壺の色合いに合わせてある?飴で、原材料は砂糖と水飴のみといった飴の原点ともいえるシンプルさ。

パッケージの作品違いで『抹茶飴』27gもあります。

宇治抹茶を使用し、金色のオビが入った見た目が華やかな飴です。

お土産として貰うなら『抹茶飴』の方が珍しくてうれしいかなと思います。

自宅用は、量も多いべっこう飴で(笑)これが昔懐かしい味でけっこう美味しいのです。

4位|絵葉書ポストカード

MOA美術館ポストカード『ポストカード』各200円

ショップでは随時、期間中の展示作品や常設作品の中で、ポストカードの種類が入れ替わっていると思います。

左が浮世絵シリーズ、右が尾形光琳筆の「琴高仙人図」。

お土産に迷ったときは、とりあえずポストカードを購入。

訪れた記念に、誰かに伝えたいときに、何枚あっても困らないですし、手荷物にならない。

小さな美術作品として額に入れて眺めるのもあり。

5位|本 MOA美術館

MOA美術館本『MOA美術館』1,600円

熱海MOA美術館の歴史や常設作品の詳しい紹介、リニューアルされた館内の魅力などが1冊に詰まっています。

MOA美術館本BOOK書籍自体のデザインも素晴らしく、1ページごとに作品が美しくレイアウトされ、こだわりを感じます。

より詳しく作品や館内の魅力を知りたい方、なかなか熱海に足を運べない方へのお土産におすすめです。

美術館を回るのも体力が必要なので、家でゆっくり作品の背景を知るのもまた楽しいと思います。

まとめ

私がお土産を選ぶポイントは“その場所らしさ”があって、手荷物にならず、お財布に優しい金額であること。

「お土産は思い出」とも言うけれど、その思い出を思い出すキッカケにもなります。

MOA美術館に限らず、あらゆる美術館のショップでは、素敵なお土産が多いのでぜひ売り場をチェックしてみてくださいね!