【40%OFF】Amazon 3M文具フェア開催中!

おすすめ使い捨てゴム手袋【アレルギー対応】調理に使える!手荒れやアトピーにも!

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

手荒れが気になる冬の家事、食器洗いだけでなく調理では水を使うから手がバリバリに。

調理中はハンドクリームも付けられないし、手荒れ中だとハンドソープでしっかり洗えない…。

アカギレなど荒れた皮膚に潜むバイ菌・ウイルスも気になるところ。

そこで、便利なのが使い捨てのゴム手袋。

私が愛用している『ベルテ717』は、アレルギー対応で手荒れしにくいゴム手袋なんです。

食品衛生法適合手袋だから食品に直接触れても大丈夫!かなり重宝してます。

売り切れ状態
このご時世、売り切れ状態が続いておりますが、ベルテ717の不満箇所を解消した新作が登場しています!
ベルテ722】&【ベルテ728】が食品衛生法適合商品。一般販売を一時停止しているので見つけたらラッキーですよ。

アレルギー対応だから使う人も使われる人も安心

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

アレルギーを引き起こすと言われる原料

  • 天然ゴム:素材に起因するラテックスアレルギー(天然ゴムアレルギー)、製造過程で使用する加硫促進剤がアレルギーの一因に
  • ニトリルゴム:製造過程で使用する加硫促進剤がアレルギーの一因に
  • 塩化ビニル:製造過程で使用する可塑剤に使用されるフタル酸が環境ホルモンの一部(非フタル酸系の製品も有)
  • パウダー:パウダーに使用されるコーンスターチが一因に

天然ゴム、ニトリルゴムともに製造過程で使用する「加硫促進剤」がアレルギーの一因になっています。

「ベルテ キマックス セブンスセンス717」は、アレルギーの一因「加硫促進剤」を使用しないニトリルゴム手袋。

ニトリルの原料メーカーと協議を重ね、約2年の歳月をかけ「加硫促進剤」を使用しないニトリルゴム手袋の開発に成功した製品です。

ゴム手袋によるアレルギー問題に対応した製品だから、安心・安全に使えます。

ベルテ717の使い心地は?

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

さっと取り出せるディスポーザブル。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

極薄で柔らかく手にフィットします。左右兼用。

淡いブルーの色は「食品加工業界では異物混入の観点から自然界には存在しない青を好む」ということからカラーリングされています。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

サイズも豊富でSS・S・M・L・LLあり、私はSサイズ。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

つま先の感覚がわかるくらいの素手感覚で、調理時も違和感なし。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

素手で持つと滑りやすい果物や長芋類も指先の滑り止めでキャッチ。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

よく伸びて丈夫、耐久性もあるから、とっても安全!

何度か、うっかり皮むき器で切りそうになったとき手袋が身代わりになってくれて助かりました。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

長芋やイチジクを触ってもかゆくならないし、滑らず持ちやすいから調理が捗ります♫

ハンバークやいなり寿司を作るときにも素手感覚だから作りやすい。

ゴムのニオイもないから、うつる心配はありません。

キマックスベルテ717使い捨てゴム手袋

着脱しやすいように裏面に特殊加工(ポリマーコーティング)を施されているので簡単に脱着できます。

それに、パウダーフリーだから食品に入らないのもポイント!

私の場合は、調理後、外してシンクにかけ、食器洗いの際にまた使います。

1回の調理で捨てるのはもったいないし気が引けるので・・その日中ならいいかなと。

さらに、捨てる前の手袋をトイレやお風呂掃除で使うのでクタクタです。。

台所以外で使うなら、髪染めやトリートメント等の施術時におすすめ。

ビニールの手袋は使いづらいけど、これは素手感覚だから細かいブロック分けもやりやすいです。

ベルテ717の良いところ&不満なところは?

メリット
  • アレルギー対応
  • 食品衛生法適合
  • 極薄で素手感覚
  • サイズが豊富で女性の手にフィット
  • 左右兼用で無駄がない
  • パウダーフリー
  • 指先に滑り止め有り
デメリット
  • 手首の長さが短いから水が入りやすい
  • 値段が高い

アレルギー対応だしフィットして使いやすいけど、手首の長さが短くて水が入りやすいのが欠点。(改良してもらいたい!)

調理で使いたい人、ゴム手袋で痒みが出る人におすすめです。

値段は1箱1825円(税込)ですが、200枚入りなので、例え1日2枚セット使っても3ヶ月は持ちます。

ベルテ717 まとめ

使い捨てゴム手袋ひとつで作業効率が変わるし、けっこう重要だったりします。

買うときは高く感じるんですが、安心安全には変えられない。

他のゴム手袋を買ってみても、ベルテ717ほどの安心感がないから結局戻ってしまいます。

ちなみに妹はアトピー持ちで、調理でゴム手袋を使いますが、最近「ベルテ717」に乗り替えました。

それまで使っていた手袋は「アトピーが酷いときだと痒くなり、ゴムの臭いもうつる」ということだったので、ベルテ717をすすめたところ「お値段以上」とのことw

母にもプレゼントしたら、気に入ってくれたようでよく催促されますw

私もアトピーが手に集中的に出ることがあるので、アレルギー対応じゃないと安心できないのです。

新作 ベルテシリーズ

そんなミドリ安全のゴム手袋、なんと新作『ベルテ722』と『ベルテ728』等が登場しました!

より長く、しなやかにのび~るゴム(従来の1.5倍の伸張性)になってます。

厚みはベルテ717よりベルテ722の方が薄め、ベルテ728は厚めになります。

717と同じく素手感覚で調理で使いたい方は722がおすすめ👇

油ものやお掃除などに活用したい方はベルテ728👇

どこも品薄でお値段も高騰中、どこかで見つけたら即買い!!

また、ベルテシリーズは年々種類が増えていますが、その際は「食品衛生法適合」と【加硫促進剤不使用】の商品説明があるかチェック。

加硫促進剤についてミドリ安全のベルテ特設サイトで確認してくださいね。

後日ベルテ722を購入

717が廃盤になり手に入らなくなってしまったので、新作ベルテ722に切り替えました。

レビュー記事はこちらどうぞ

ベルテ722進化したミドリ安全の使い捨てゴム手袋「ベルテ722」を使ってみました!