本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

HARIOハリオ手挽きセラミックコーヒーミルを使ってみた口コミ!

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

自宅で挽きたて珈琲を味わうべく『ハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン』を購入!

初めてコーヒー豆を挽いて淹れてみましたが、香りや味わいが良いのはもちろん、挽く感覚がクセになりました!

☆私が購入したのは、こちらです↓

手軽に1杯分ずつ挽けて、丸洗いもでき、保存容器にもなる!使いやすいコーヒーミルですよ。

HARIOコーヒーミルの特徴

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

セット内容は、ホッパーとホッパー用フタ、粉受けガラス瓶とと滑り止めカバー、ガラス瓶用フタ。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

粉受けガラス瓶には、シリコーンゴムの滑り止めカバーを取り付け。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

サイドのガラスの凹凸が持ちやすいです。

フタを閉じればそのまま保存容器になって便利!

 

挽いた珈琲粉が残ることもありますし、1杯ずつだと2杯目飲みたいときにちょっと面倒くさいじゃないですか?

その日分を挽いておくのにかなり便利ですよ!

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ホッパーは、セラミック製の臼とステンレス使用なので丸洗いOK!

 

 

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ホッパーに取り付けるシリコーンゴムのフタは、ハンドルを外して装着。(ハンドルをくぐれば通りますが外した方が早いです)

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

使用時は、ホッパーと粉受けガラス瓶を回して取り付けます。

HARIOコーヒーミルの使い方

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

杯数分のコーヒー豆をホッパーに入れます。

珈琲1杯分は約10〜12gが目安です。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

本体を抑えてハンドルを回しますが、ホッパーの下部を手で下方向に抑えると安定します。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ハンドルを時計回りにゆっくりと回します。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

コーヒー豆が臼で挽ける「ゴリスリゴリスリ」という手に伝わる感触がいい!

そして挽く度に立つ、珈琲の香り!

私は香りを楽しみたいので、シリコーンゴムのフタを取り付けずに挽きますが、取り付けないと砕かれた珈琲豆が飛び出してきます。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

数は少ないのですが、珈琲豆が少なくなってきた後半に飛び出してくるので、気になる方は後半だけフタを取り付けても。

コーヒー粉の粗さ調節

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

【ストッパー】を持ち上げ、【粗さ調節ナット】を反時計回りに回してくぼみに下ろします。
(1くぼみ=1メモリ)

1メモリずつ回して調節し、だいたい4メモリで細挽き、7メモリで中細挽きになります。

最初は分かりにくいのですが、粗さ調節ナットを一番下から緩めていく感じです。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ナットを緩めると中臼が少しずつ外臼から外れていきます。

(回しすぎると珈琲豆が隙間から溢れてしまうので、8メモリ辺りが限界ですね)

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

珈琲豆を挽いていくと粉受けガラス瓶には、臼の形に珈琲粉が積もっていきます。

1メモリ一番下

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ナット調節なし。ココアパウダーのようにフワフワの粉に。

ハンドルが重く、挽くのに時間がかかります。けっこう大変です(汗)

3〜4メモリ細挽き

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ハンドルも軽めで、お店で挽いてもらうコーヒー粉に近い。

5〜6メモリ中細挽き

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ハンドルは軽く、リズミカルに早く挽けます♫

幅広い珈琲器具に合う挽き具合かなと思います。

一つの珈琲豆で、細挽き〜中挽き〜粗挽きと楽しめるのはコーヒーミルならではの楽しみ方ですね!

ホッパーの分解とお手入れ

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

固定ネジを外してハンドルを外していきます。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

ストッパー、粗さ調節ナット、ワッシャーを外します。

ワッシャーは、透明で小さく軽いので無くさないように注意。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

外臼から中臼を外します。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

臼の中はこんな感じ。

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

すべて外して、洗剤で洗って乾かします。

セラミックの臼には珈琲豆の油分が付着するので、薄めた洗剤に漬け置き洗いがおすすめ。

ハリオコーヒーミルを使ってみて

HARIOハリオコーヒーミルセラミック

少しずつカチャカチャとメモリを調節し、ゴリスリ回して挽くアナログ感が楽しいです。

このセラミックコーヒーミルを購入してからは、毎日夕食後にリビングで挽くのが定番となりました。

(電動ミルなら一瞬なのでキッチンで挽くと思います)

食器を洗ってから、リビングでゆっくり挽くとリラックスできるんです。

挽きたての珈琲粉の香りったら!すごいアロマですよ〜

そして香り高い珈琲を飲み、1日の疲れを癒やす。

コーヒーミルの楽しみを知ると、さらに珈琲が好きになりますね。

【合わせて読みたい】ハリオV60コーヒードリップ方法で美味しい一杯!