本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

AmazonプライムビデオPINを忘れた時の変更方法とフェイスiD認証

amazon_Prime video_pin設定

久しぶりにiPhoneのAmazon Prime Videoアプリからドラマを観ようと再生すると・・

AmazonプライムビデオPIN認証

「このコンテンツにアクセスするには、Prime VIdeo PINが必要です。」とPINコードを求められました。

これは「Prime Videoの視聴制限」を設定することで、制限をかけたカテゴリーのvideoにロックがかかり、毎回PINコードが必要になるというもの。

Prime Videoの視聴制限
一般、12+(ファミリー)、15+(ティーン)、18+(大人)があり、登録端末ごとに選択できます。

iPhoneに制限をかけた覚えはありませんが、視聴制限がなぜか12+になっていたため、PINを求められるようになっていました。

何はともあれPINコードをすっかり忘れていたこともあり、改めてPINを設定し直すことに。

今回は、Prime videoアプリ内での「PINコード変更」と「フェイスiD認証」についてご紹介します。

忘れたPINコードを再設定

AmazonプライムビデオPIN認証

Prime videoアプリの右下【設定】画面から、「機能制限」を選択します。

【機能制限】画面から、「prime Video PINの変更」を選択。

AmazonプライムビデオPIN認証

【PINを変更する】画面から、Amazonパスワードを入力して続けるをクリック。

「4桁のPrime VideoのPINを作成」で、好きな数字4ケタを入力。

AmazonプライムビデオPIN認証

4ケタの数字を入力すると、保存ボタンがオレンジに変わるのでクリック。

「PINが変更されました」と表示されPINコード再設定は完了です。

AmazonプライムビデオPIN認証

改めて視聴制限がかかったvideo(鍵マーク)を観て、先ほど設定したPINコードを入力すると視聴できるようになります。

しかし、この視聴制限・・なんと毎回PINコードを求められます・・。

iPadで家族と共有する場合は仕方ないのですが、制限の必要がない大人にとってはかなり煩わしいですよね。

フェイスiD機能が使える端末であれば、PINコードが不要になりますよ。

フェイスiD機能でPINコード不要に

AmazonプライムビデオPIN認証

右下【設定】画面から「機能制限」「Face iDを有効化」をクリックします。

ここでPINコードを入力。

AmazonプライムビデオPIN認証

認証をクリックすれば、フェイスiDが使えるようになります。

購入時のPIN設定で誤購入防止

ワンクリックで誤った購入を防ぐ購入時のPIN入力設定もあります。

※こちらはPrime Videoアプリからは設定できません。

AmazonプライムビデオPIN入力

Amazonウェブサイトの【デジタルコンテンツとデバイス】「Prime videoの設定」から。

AmazonプライムビデオPIN入力

【アカウントと設定】画面の「機能制限」をクリック→「購入時のPIN入力」から有効にできます。

購入するときにPIN入力が必要になるので、誤った購入を防ぐことに役立ちます。

間違って購入したvideoも返品OK

実は、誤って購入しても大丈夫なんです。

ダウンロードや再生する前かつ、注文から48時間以内ならキャンセルできます。

Amazonウェブサイトから、誤って購入したvideoを選択し「商品をキャンセル」をクリック→「ご注文をキャンセル」でキャンセルできます。

詳しくは、ヘルプ&カスタマーサービスまで。

動画でキャンセル方法が紹介されていますよ!