本当に芽が出た発芽玄米の底力>>

【ハリオご飯釜】こびりつきや1合と3合の違い、メリット・デメリットは?

HARIOハリオガラスフタご飯釜

土鍋で炊いたご飯は見た目にもおいしそうだけど、なんだか火加減が難しそう・・。

私も以前はそう思ってましたが、「HARIOフタがガラスのご飯釜」を購入してからは、電気炊飯器とはさよならしました。(長い間おつかれさま)

ハリオのご飯釜は1合用と3合用がありますが、結局2つとも購入。

今回は、2つ購入した経緯、1年使って感じた使い心地、おすすめポイントなどをご紹介します。

ハリオの1合用と3合用どっちがいい?

最初に購入したのは大は小を兼ねるということで3合用。

3合用を購入した理由は・・

  • 以前使っていた電気炊飯器も3合用
  • 煮物などのおかず料理を作るなら大きめがいい
  • ハリオを使ったレシピが3合用が多かった

HARIOハリオガラスフタご飯釜GNN200

しかし、届いた3合用は想像よりも大きく重かった!(横270mm、高さ210mm)

持つときに両手じゃないとあぶない。。どんと存在感あり。

電気炊飯器に比べれば小さいのですが、電気炊飯器は中の釜だけ取り出すから軽い。

ハリオは釜ごと持って移動するから重い。

炊くときはコンロによいしょっと両手で乗せればいいけど、洗うときには片手で持たなくてはいけないのでしんどい。

大きくて重いから、洗ったあとの置き場にも困る。(この時まだ電気炊飯器もあるし)

食卓に置くと完全にメイン料理、白米なら食卓にそのまま出すというより、おひつに移したほうが合う。

というわけで、すぐに1合用を購入。

HARIOハリオガラスフタご飯釜GNN150

到着した1合用の印象は、小さい!(横210mm、高さ190mm)

圧倒的に1合用がかわいいです!コロンとして愛くるしい。片手で持てる!

軽いし小さいから洗いやすく、置き場にも困らない。

試しに電気炊飯器をどかして空いた場所に置いてみるとスッキリ。

電気コードもいらないし、その小ぶりなサイズがより分かります。

1合用ならこのまま食卓に出したほうがおいしそう。

白米の炊きたてのおいしさがより引き立ちます。

白米は1合用、炊き込みご飯は3合用

HARIOハリオガラスフタご飯釜

電気炊飯器の出番がなくなったので断捨離しました

というわけで、普段白米を炊くときは、1合用を使っています。

炊き込みご飯の場合は、市販の炊き込みご飯の素が「2合〜3合炊き」が多く、具も盛りだくさんになりがちなので3合用を使います。

例えば、1合用で1.5合くらいの炊き込みご飯を炊くと、具材がガラス蓋いっぱいになって窮屈になるんです。(炊き込みご飯の場合は多めに炊きたいので)

「ピー」の音も小さく、フタがカタカタと吹きこぼれそうになります。

3合用を使うと具材にも余裕がでて、お米の上全体に広がってちょうどいい感じに。

炊きあがったときの見た目もきれい!

1.5合以上の炊き込みご飯なら3合用が使いやすく見栄えがいいと思います。

ハリオ白米の炊き方

STEP.1
STEP1
お米をといで、ザルで水気を切って釜に移します 
STEP.2
STEP2
目安ラインまで水を入れる。1合に対して水220ml HARIOハリオガラスフタご飯釜
STEP.3
STEP3
そのまま30分程度水に浸します
STEP.4
STEP4
中火〜強火にかけますHARIOハリオガラスフタご飯釜
STEP.4
STEP5
ガラスのフタから沸騰する様子が見えますHARIOハリオガラスフタご飯釜
STEP.4
STEP6
ホイッスルが鳴るまで加熱します(10分程度)HARIOハリオガラスフタご飯釜
STEP.5
STEP5
さらに1分加熱したら火を止めます。おこげが欲しいときは3分加熱
STEP.5
STEP6
15分程度蒸らしたら、でき上がり!HARIOハリオガラスフタご飯釜

火にかけてホイッスルが鳴るまでおよそ10分程度、あっという間です。

今では、ガラスのフタから中の炊き具合が見えるので「そろそろかな〜」なんてホイッスルが鳴る時間もわかるようになりました。

火を止めてから15分待っている間に、お味噌汁をさっと作り、釜ごと食卓へ。

HARIOハリオガラスフタご飯釜

フタを開けたときのほわ〜っと甘くやさしい香りとつやつやご飯が食をそそります。

テーブルで熱々のごはんをお茶碗によそって、いただきます!

ハリオを使い始めてから、ごはんがメインの献立が多くなりました。

たらこ、塩鮭、焼海苔、厚焼き玉子など、旅館の朝食メニューのような献立が好きになりました。

炊きたてご飯を囲んでの食卓、なんだか贅沢。

ハリオこびりつき、洗うの手間じゃない?

焦げ付きはおこげを作る時以外は滅多にないですが、こびりつきは毎回あります。

やはり、炊飯器のコーティングされた釜のようにはいかない・・。

どうしても少々ぺったりくっついてしまうので、それがもったいないです。

ただ、水加減と火加減によるので、こびりつきがほとんどないときもあります。

ズボラな私は「1合とちょい多めだから水もちょい多め〜」「火加減は急いでるから強めで〜」と、かなり適当なので・・。

ちょっとしたコツと少しの丁寧さが必要なのかも。

最初の頃よりはくっつく米粒が減ってきてるのは確かですw

洗うときは、1時間ほど水に浸しておくとスポンジで軽く取れます。

おこげを作るときの焦げ付きには、洗剤を少し入れた水に2時間ほど浸からせておけば大抵剥がれます。

今までスポンジ以外は使っていないので、水に浸せばなんとかなる。

電気炊飯器の釜ならサーッとツルンと洗えますが、洗いに関しては正直慣れるまで手間でした。

でも、釜だけでなくガラスフタも部品もぜんぶ外して洗えるのがとっても清潔!

まるごと洗えるのは気持ちがいいですよ。

電気炊飯器のときは、釜以外は拭くだけで汚れてたし、待機電力や虫(温かい電気系を住処にすることも)の心配も。

ハリオに変えて断捨離できてよかった〜。

ハリオ蓋のみ、部品のみでも買える

HARIOハリオガラスフタご飯釜

ハリオのガラスフタ、ストッパー上下、ゴムのフタグリップそれぞれで購入可能です。

だから、無くしたり、割れたりしても大丈夫なんです。

ガラスフタ以外は、1合用と3合用ともに兼用です。

フタつまみストッパー上下セット972円

フタグリップ1,016円

1合用3,240円

3合用3,780円

ハリオ ご飯釜のメリット・デメリット

ハリオのガラスフタのご飯釜を1年使って感じたメリットとデメリットをご紹介。

メリット
●1合用は小さくて場所を取らない
●ご飯が早く炊ける
●待機電力なし、コードもスッキリ!
●まるごと洗えて清潔
●ご飯釜を食卓に置けて楽しい!
●音で教えてくれるから失敗なし
●土鍋として料理にも使える
●電気がなくても炊けるから停電でも安心

デメリット
●3合用は大きくて重い
●タイマーと保温機能がない
●こびりつきでお米を少々無駄にする(コツによる)
●水に浸けないと落ちにくい

子育て中やお弁当生活の方には、タイマーがないと厳しいかも。

ハリオと電気炊飯器を併用すれば問題ないですが、忙しい方にはちょっと面倒と感じる面も。

私は白米を1合用で炊くのが、一番お手軽でその良さを実感できるのではと思います。

3合用では、炊き込みご飯の時に使って食卓に出すと、見た目も豪華だし、ちょっと盛り上がります♪

炊飯器を捨ててハリオだけにするなら、1合用も3合用もあったほうが便利だし。

特におすすめしたい人は、時間にゆとりのある人。

何故かと言うと、実際にハリオを勧められたのが70代の義母だったので(笑)

こびりつきは気にならないよう。(さすがに上手に炊けている)

土鍋のごはんって、やっぱりおいしく感じます♫

気になる方は、まずは1合用から始めてみては?